決断して良かったマンション売却

賃貸マンションとして利用するためにやるべきことを整理した結果、もう一度考え直すことになった

賃貸マンションとして利用するためにやるべきことを整理した結果、もう一度考え直すことになったリフォームをする資金として新たにローンを組むことはこの先の生活を考えると現実的ではない少しでも高く売るために重要なこと

実家の両親は購入したマンションで暮らしていて、自分は結婚してから一戸建てを購入して生活していました。
それからしばらくして父が他界し、母が一人暮らしをしていたものの病気を患ったことで心配になり、一緒に住むことになりました。
そのため、実家のマンションは家具や家電、衣類などを残したままの状態になっていたことから、できるだけ早めに整理整頓を済ませたいと思っていましたが、忙しさからなかなか取り組めなかったです。
そんなある日、一緒に暮らしている母からマンションを手放すかどうか迷っていると相談を受けまして、どのようにするのがベストなのか考えるようになりました。
手放すということはマンション売却になるのでいくらかのお金が入ってくることになります。
ただ、築年数が経過していて劣化している部分はあるので、そこまでの価値はないと判断していました。
そこで、1つの案として浮かんだのは貸し出すことです。
つまり、賃貸マンションとして利用することで毎月の賃料収入を得る案に魅力を感じまして、母に相談した結果、納得してもらうことができました。
そこで、賃貸マンションとして利用するためにやるべきことを整理した結果、もう一度考え直すことになってしまったのです。
なぜなら、古いマンションなので全体的にリフォームが必要だからです。

只今、横浜のマンションの契約が終わりました!

— マンション売却JP (@mansionbuy) 2019年9月29日